さくらんぼ(桜桃・おうとう)

さくらんぼ(桜桃・おうとう)にはこのような効果が期待できます。

【受粉作業の分散、開花揃え】
早期出荷ができます。
施設内の一部に処理すると処理区のみ開花が早まり、受粉作業が分散できます。
開花が揃うため受粉作業期間が短縮できます。

【処理した場合と無処理 比較】

事例紹介

山梨県の佐藤錦(施設栽培)4月下旬
▼(左)CX-10 20倍希釈処理区(右)無処理区

用途

散布条件等については、お近くの農業試験場・普及指導センター等にお問い合わせください。

使用上の注意

樹勢の弱い木は薬害(芽枯れ等)の原因となるので使用しないこと。

詳細については、こちらのページをご覧ください。

処理時期

処理適期については、自発休眠の一番深いところを少し過ぎたところを狙います。
使用時期は、各地域により異なりますので、お近くの普及指導センター等、関係機関にお問い合わせください。
指導センター等関係機関の指導を受けるようお願いします。

シアナミド処理による生育促進効果の例

【受粉樹の開花促進】
佐藤錦やナポレオンに処理すると開花が早まり、これらの花粉を高砂の受粉に使用できます。
露地栽培でも受粉樹の開花を促進させます。

▼使用事例(山梨)



お問い合わせページへ