なし

なしにはこのような効果が期待できます。

開花期の前進及び開花の揃い(さき花芽と短果枝)が良好で受粉作業の効率化が図れます。

若木への散布により発芽促進効果があり、ジベレリンペースト使用による相乗効果と相乗して早期成園化が期待できます。

事例紹介

CX-10を散布している方が、初期生育が非常に良好になっています。

品種:なつしずく 場所:南九州 
散布:1月下旬  撮影:4月下旬

▼(左)CX-10散布(右)CX-10未散布

用途

散布条件等については、お近くの農業試験場・普及指導センター等にお問い合わせください。

使用上の注意


詳細については、こちらのページをご覧ください。

処理時期

処理適期については、自発休眠の一番深いところを少し過ぎたところを狙います。
使用時期は、各地域により異なりますので、お近くの普及指導センター等、関係機関にお問い合わせください。
指導センター等関係機関の指導を受けるようお願いします。



お問い合わせページへ